HERE COMES THE SUN 出直し人生~転職日記~

人生をさまよいだした40男が、次の人生を模索中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「転職者」

会社を一緒に辞めた同期のY君、再就職が決まりました。
明日から出勤です。おめでとう!

今度の仕事はまったく違う業種で、運輸業です。
初仕事は免許の取得をすることだそうです。
辞める原因となった、会社内での人間関係という部分からの開放とプライベートの充実を選びました。
年収は下がるようですが、仮に辞めたとしても免許が残ります。
いわゆる「潰しの利く」仕事を選びました。

同時期に辞めたM君、新しい会社は前職のリレーションを活かせる仕事で楽しく仕事をしてます。

定時で帰ることができて、すべて自分のペースで仕事をできます。
先日は、市が主催するゴルフ大会に出場し、見事予選通過!
決勝は、同じ組で回った方ととても親しくなり、ハーフが終わった昼食でビールをいっぱい飲んでしまい、最下位になりました(笑)。
将来はゴルフのシニアプロを目指すと意気込んでます。

そして私。
仕事へのモチベーションがイマイチ上がりませんが・・
前職と異業種ですが、リレーションを活かした仕事ができます。みんな協力的で、すぐに新規取引をしてくれた方もいます。

あとは、前職で敢えて行わなかった「(社内の)嫌いな上層部へ飛び込む」ことをすることで仕事を上手く回せるようにしたいと思います。体力・気力が上がらなければ、知恵を使おうと思います。

とにかく、みんな決まって良かったです。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ
スポンサーサイト

「一ヶ月」

再就職してからちょうど一ヶ月が経ちました。
社会復帰後、まだまだ体力・気力的に100%の力に持っていけてない自分にやるせなさを感じます。心のどこかに「この会社で良かったんだろうか?」という部分が残っているからだと思います。

初めての転職で、前の会社にいた頃に心の中で思っていた「35才を過ぎたらこの会社にい続けよう。」というのが崩れました。

今は「40才を過ぎても再就職できる。」(100%納得のできる所には入れないけど・・)という思いから、自分自身の中で人生の選択肢が広がりました。と同時に、この会社を辞める可能性も頭に入れながら過ごしてゆく覚悟も必要と思っています。

そんなこともあり、100%の気力に持ってゆくことができないと思うんです。

これまでは仕事8割、人生を楽しむこと2割としたら、今は仕事6割、会社を辞めても大丈夫なスキルを身につけること2割、人生を楽しむこと2割といった感じになると思います。

入社早々、こんな気持ちでは良くないので、年内位はもう少し仕事に力を注ぎ、自信を取り戻さねば。と思います。

どうすればモチベーションがあがるんでしょうか・・・

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「半歩先をゆく」

今日オープンした”ビックロ”に行きました。
店内は大盛況。人があふれかえっていました。

売り場の構成はというと、想像を超える驚きというものはありませんでした。特に期待が大きかった訳でありません。このレベルのもので柳井さんが納得したのか?と思った位です。

CM投入、屋外・交通広告などのマーケティングコストをこの一店舗のために使ったのは、様々な思惑があるのでしょう。

ですが、顧客の興味を喚起し、これだけの集客ができるのは企業の力と顧客への「半歩先をゆく」提案であり、革新的なものでなくても良いのだ(”革新”はやろうとしてできるもんでもないですから)、と改めて思いました。

日々の仕事にも言えることかもしれません。

今いる会社、これまでのマネージャーは「人を褒めないでけなす」「場当たり」「評論家」「行動力が無い」で、まったく人を育てないから自主性やモチベーションが上がらないのです。

私はこの人の良くない所を変えるだけで、「半歩先をゆく」マネージャーになれるのです。
「反面教師」に感謝です。

革新的なことをしなくてもいい。
頑張り過ぎなくてもいい。

今までと同じことだけやっているだけではダメだけど
半歩先を考えた仕事や提案をします。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「2・6・2の法則」

前の会社でも、今の私の部署でも、どこでもあることがわかりました。
「2・6・2の法則」です。集団を構成すると、『優秀な人が2割、普通の人が6割、ついてこれない人が2割』という構成になるという法則。

この会社で、真ん中の6割は中堅と今年の新入社員。
ついてこれない2割がその他の中堅社員。
一番活躍しなくてはならない中堅です。

この人たちがついてこれないだけなら放っておけばいいんですが、普通の人たちへの悪影響を及ぼしているところを止めなければなりません。

全体のモチベーション、特に新入社員への悪影響が懸念されます。
このやる気の起きない中堅に対して、今期はモチベーションアップを図るために重要なクライアントを担当させています。

しかし、結果は・・・それどころか、モチベーションがまったく上がっていないのです。

今日も会議終了後に彼と話し合いの場を持ちましたが、まったく的を得た答えが返ってこないのです。

彼を見捨てるようなことをしたくありませんが、正直、この年齢でこのモチベーションではこの先の成長は見込めません。

急成長企業・ベンチャー・中小企業は人を育てる仕組みが無いことが多い。

私の経験上、入社5年目位までにしっかりと育てないと無理な気がします。
よく、若い社員を放っておく昔ながらの上司がいますが、この時期が一番大切だと思います。

前職で得たマネジメントスキルを活かして、新入社員を徹底的に育てていこうと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「社内エージェント」

先日、自身の転職活動で知り合った外資系企業の人事担当者様から電話がありました。
その外資系企業の系列会社である販売会社で、人事担当者は通過したものの、最終面接の販社の役員が私を落としました。
今回の電話は「別の部署での採用を検討させていただきたい。」とのことでした。
しかしながら、既に再就職した話をしました。

その数日後の電話です。
私を落とした販売会社で退職した方がおり、再度採用を実施するのとことです。
私に「誰か紹介して欲しい。」とのことなんです。

私「落ちた会社ですよね??」
担当者「(苦笑)えぇ、販社の役員はもっと泥臭い方がよかったみたいなんです・・・」

何のためらいもなく私に紹介を依頼してくるとは・・・
呆れてしまうどころか、アッパレという感じです。

そこで、ふとひらめきました。

先日話した「使える部下」救済極秘プロジェクトが急遽スタートです。

部下の中で仕事ができるが、年齢に対して給与が低いことを不満に思っている人が二人いることを告げました。
すると、担当者様はぜひ会いたいとのこと。

部下二人、別々に伝えます。

一人は即、その場で電話をしました。すごいレスポンスです。
彼が辞めると戦力ダウンで、ちょっと複雑な気持ちになりましたが、将来を考えると・・・応援してあげたくなります。

部下と担当者様は翌日会うことになりました。

面談後の部下に会いました。人事担当者様からの伝言があり、「今度私も含めた三人で食事しましょう。」とのこと。即、二次面接という形でなく、短い時間の中でできるだけ多くの人に会おうとしているのかな?と思いました。

今回の結果がどうなるかわかりませんが、転職でステップアップできたら私も嬉しいし、会社に残っても強固な信頼関係が構築できると思います。

これからも彼らを応援していこうと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

憂鬱な月曜日を乗り切る

おはようございます。

今、通勤電車の中です。

楽しかった週末明けの月曜日。
脱力感を乗り切るにはどうしたらいいのか?
次の週末のことを考えるにはちょっと早すぎ、もう少し目先の目標が必要になりました。

考えた結果、早く帰るために仕事を一生懸命やる。

月曜日をうまく乗り切ることで、その一週間が決まるということが、ランチェスター本に書いてもいました。

今週もがんばります


にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「運を味方につける」

神子元島のハンマーヘッドシャーク。
今日はボートの上から数頭の「ヒレ」が見えてます。今日は群れが見られるかなぁ~?
IMG_0874.jpg


昨日3本のダイビングをしました。

1本目は船に上がる直前に1頭だけですが、現れてくれました。2本目に期待です。
IMG_0880.jpg

2本目
イサキの群れがキレイでした・・・
IMG_0898.jpg


3本目
キンギョハナダイの群れがキレイでした・・・
IMG_0909.jpg


私の乗らなかった4本目
20~30頭の群れ。4本目に乗った全員見れたそうです。

神様からも見放された気分です・・・

4本目もすれば・・・という感じですが、体力的に一日3本が限界だし。。

前回は1本目と3本目(4本目にハンマーの群れ)、今回は1~3本目(4本目にハンマーの群れ)と、運の問題だけでないようです。「潮」が安定する午後がいいみたいです。

来週末は入社した会社の役員とゴルフに行くことになり、ダイビングができません。
10/4~のF1のチケット(10/4、5有給休暇取得できないので、今年は諦めです)を放出して、10/6(土)神子元島ハンマーヘッドシャークの群れに再々トライしたいと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「チカラを取り戻す」

おはようございます。

先週末、ハンマーヘッドシャークの群れを神子元島(伊豆)に見に行きましたが、残念ながら3頭だけしか見ることができませんでした。
同じボートに乗っていた方は、4回目のトライでようやく見れたとのことで満足してて、私は初めてで見れただけでもラッキーなんですけど・・・
満足のできるものではありませんでした。

それでも、先月の三宅島に続き、一人でダイビングを楽しむ(現地でガイドさんはつきます)ことを覚え、国内で潜ることも多くなるのでは。と思ってダイビング器材一式を買ってしまいました!

DSC_2104.jpg

総額20万円という金額、衝動買いにしては高い・・

「清水の舞台から飛び降りた気分。」

私にはその位の気分ですが、「週末の楽しみ」という目標を見つけ、少しは仕事をやる気にさせようという狙いはうまくいきそうです。

今週も神子元ハンマーヘッドシャークの群れに再トライすることにしました!
「大物」運の無い自分からの脱却をして、人生を上向きにしたいと思います。

今から行ってきまーす。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「隣の芝生は青いのか?」

同時期に会社を辞めた競合他社の友人Kさんと、以前のお得意先のYさん(度々登場する方)と飲むことになってたので、せっかくだから新しい会社に遊びに来てもらいました。

友人は辞める前から新しい就職先を見つけていました。
私は無職の生活を約5ヶ月。

そして今、綺麗なオフィスに私の座っている位置(偉そうな位置にいるんです)を見た友人は、無職時代の私とのギャップにとてつもなく驚くと同時に喜び、そして羨ましがっていました。

友人は前の会社で辛い仕事と人間関係に耐えられなくなり、地位を捨てて今の会社に入りました。私から見た彼は、収入は若干下がっても定時に帰れるし、精神衛生的にもとてもいい会社に見えます。
私は彼が羨ましい。

どっちがいいのかわかりませんが、結局は自分次第?
どちらも手を抜くこともできますし、やり甲斐を見つけることもできる仕事です。

その後二人から祝福の乾杯とワインをいただきました。

DSC_2111.jpg

来週も以前のお得意先の社長様(一回り上の方ですが友人です)、再来週は前の会社の同期、翌々週は前の会社のお得意先とその仲間達と杯を交わす予定が入ってきました。

少し頑張ってみようかな・・・
こうして喜んでくれる仲間のためにも。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

ワンマン経営者への対応

経営者というものは、自分に服従する人だけを部下に置きたいとは考えていないはず。
また、一ついい話を聞きました。先日会食した別の役員から、「言いなり役員はあと一人。彼はもうすぐこの会社から去ることになる。」というものでした。
私の在籍している部署の役員でした。
実害を受けている社員が大勢いたのだ。これで少しは良くなるでしょう。

<対応>
・私を異業種から迎え入れたのですから、きっとそうであると信じて組織風土の変革を推進する(「新しい血」が転職先の会社で薄まらないことを念頭に置き仕事に臨む)
・人の意見を素直に受け入れない部分は、私たちの説得力が無いこともあるけど、社長と議論しても勝ち目はありません。これまでの自信の表れであると思われるが、それは過去の成功体験でしかない。言わせておけばいい、という考えで行こう。
・すぐに結果を出す(スピードを持って取り組む)
メジャーリーガーやサッカーの選手がチームを移籍した時の評価は、大抵最初の3試合位で評価が決まってしまうような印象を受けます。
前にいた会社でもそうでした。
最初の2~3ヶ月でまず数字を回復・伸張させることができれば、信頼を得やすくなはず。

良い意味で異彩を放って新しい風を入れ続け、組織風土の変化をさせていきたい。
もしこの会社の経営者が自分に服従する人だけ置きたいと考えているとわかれば、諦めるしかありません。真正面から喧嘩しても勝ち目はありません。
迎合する気はないので、転職活動を開始するしかないかもしれません。

この歳で異業種への転職。本当にハードですが、後戻りできません。
前職の得意先の方(この方はかなり以前に転職してますが、関係は継続してます)からいただいたメールを思い出します。

~転職されたとのこと、おめでとうございます。どんな業種ですか。まだ十分お若いので全然心配ないですよ。新しいことにチャレンジするのは、何歳になっても素晴らしいことです。

落ち着かれたらぜひ飲みにいきましょう。当時の仲間で集まるのもいいですね。
お会いできるのを楽しみにしています。~

yossyさんからいただいたお言葉「人生は一度きり。」を胸に、明日からも頑張ろうと思いました。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

課題・行動進捗確認の場を作る

<目的>
マネージャー・部下の育成

<問題点>
私の部下に管理職(マネージャー)ポストの人が数名いますが、この方たちの部下育成方法が問題

・基本叱咤、激励は無し
・自分のできることは部下にも当たり前にやらせようとする。

経験・年齢・能力に合わせたマネジメントをする志向になっていない。
これまでマネジメントスキルを身につけさせてもらってないから仕方ありません。

<対応>
・管理職ポジションの人たちと話し合いの場を持ち、部下の育成に協力を求めた
・上司と部下の週次確認の場を作り、私・部下の管理職と担当が建設的な話をできる環境作りをする
(冷静な判断力、人への中傷は絶対しない)

マネージャーと部下の信頼関係修復に努めることが急務です。

次回は経営者について書こうと思っています。

0時を過ぎたところです。
今から車で伊豆の南端へ向かいます。
早朝から神子元島へハンマーヘッドシャークに会いに行ってきます。

夢がないますように!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

部下全員との個別面談

日記を読んでくださり、多くの励ましをいただきありがとうございました!

入社2週目に入り少しずつ仕事が見えてきました。部下のクライアントへの同行や飲み・・・
今週は友人・社内の歓迎会・役員との飲み。合計3回あり、すべて午前様。
さすがに更新ができませんでした。

もしもご心配してくださっていらっしゃる方がおりましたら・・・誠に申し訳ありませんでした。
今週あった事、思ったことを2~3回に分けて整理してみます。

まず、私の部下全員との個別面談をしました。

<目的>
・組合や従業員意識調査等、個人の意見を言える場が無いため、部下の本音を引き出し、現状を把握すること

<ネガティブ面>
・待遇面:出向者が異常に安い年収
・人材育成適正が無いと思った(思い込んだ)らすぐに配置転換や転勤等をさせる
・プロセス非重視(売上結果がすべて)の評価制度に大きな不満と不安
・約2割の人がいい会社があれば転職したいと考えていた

<対応>
・自分が担当した取引先の「運」「不運」でも数値に反映してしまうことがあります。
新規営業等でのカバーしようとする行動などのプロセスをきっちり評価することを伝えます。
・関係会社から出向で迎え入れているメンバーの収入が特に酷い。
待遇面の改善を経営者に申し入れても無理となった場合、優秀な人には転職の支援をしてゆく

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「高い退職率の会社」

でした・・・
会社に、仕事に対してやりがいをもっている人が少な過ぎなんです。
経営陣がワンマン過ぎて多くの方が萎縮してしまってます。
人を育成しない「使い捨て」です。

自分はそうならないようにしなくては・・・

会社に不満を持っている人がとても多いことがわかりました。
若手はしっかりと育成、中堅は気持ちを少しでも前へ向かわせるようにしなくては。

たとえ彼らが辞めてゆくにしても、他の会社で通用するスキルを身につけさせてあげたい。

今、自分のことはどうでもいい。

彼らを守らなければ・・・

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「感謝です」

本日二日目。
昨日、今日と、意識してないつもりですが、気疲れは増してます。

ヘトヘトになって帰る途中に私の日記を見ました。

いつも励ましをいただき応援してくださっているyossyさん、そして沢山の拍手をいただいてました。

みなさまのおかげで疲れが軽くなりました。
今、この日記を書きながら涙が出てきました。

チカラをもらい、明日も頑張ろうという気持ちになりました。

人間は一人で生きて行けないんだ、と実感です。

本当に本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「初出社」

5ヶ月振りの社会復帰。
こんな時、いつもなら決まって前夜は眠れないんですが、昨夜は熟睡できました。
翌朝もちゃんと起きることができました。
久しぶりの満員電車・・何とか耐えました。
今日一日、革のビジネスシューズを履いてたら足の裏にまめができてしまいました。

社会から離れていると、すごく目標のハードルが低くなってます・・・(笑)

会社の雰囲気はどうなんだろう。戦々恐々・・・
というほどではありませんでしたが、想像してたよりとてもいい雰囲気(今は「お客さん」扱い)でホッとしました。

本心では未経験業界への転職の私を「大丈夫なの?」的な見られ方をされてるはず・・・

業界の知識は素人同然。格好つけていろいろ知ってるフリするより、わからないことは素直に聞き、コミュニケーションを取ることに努めました。

業界知識を吸収し、できるだけ早く自分のスキルである「マネジメント」と「新規開拓」で力を発揮できるように頑張りたいと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「一つだけいいことが」

昨日の日記(「自信を取り戻すこと」)で、『会社を辞めた五ヶ月で得られた収穫は、「想像を超える厳しい現実」。ということがわかったことぐらいかもしれない。自信の喪失以外に何もなかった・・・』と記していましたが、一つだけ大きく変わったことがありました。

金銭感覚がとてもシビアになったことです。

無収入(失業保険はありますが)になった現実を実感したことです。
本当にお金は大切なものだということをようやく知ることができました。
20代の人たちには当たり前の生活感覚、節約するのが当たり前という感覚です。

しかし、私は彼らとは違い、湯水の如く「もらった給料は全部使う。」という時代も味わってます。両方の気持ちを知っているので注意しなければならない所ではありますが、読書や勉強など、もっと楽しいことを見つけることができたので=

明日から仕事です。
収入を得てもこの感覚を絶対に忘れずにいきたいと思います。

飲 み:回数制限無し⇒週二回まで
テレビ:有益な番組しか観ない
読 書:月2冊⇒継続
習い事:ピアノ⇒将来のためになる習い事を一つやる
一人旅:年1回はしたい

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ

「自信を取り戻すこと」

会社を辞めてちょうど五ヶ月が経った。
得られた収穫は、「想像を絶する厳しい現実」。ということがわかったことぐらいかもしれない。
自信の喪失以外に何もなかったが、辞めたことに対する後悔は無い。

前に思って日記に書き記した、「大学生の何も考えないで過ごす四年間は無駄ではない。」を思い出す。自分も含め、無駄に過ごして何も得られるものが無かったと思っていた時間も後々思い出すと無駄ではなかった、ということ。いつかそう思える日がくることを願いたい。



これからお世話になる上司に挨拶に伺いました。

そこで、思わぬ言葉が・・・

「自分はお世話になっている方の紹介でこの会社に入った。当時の会社は正直、今とはまったく環境が違っていて、本当にこの入社していいものなのか、本気で迷った。でも、自分のことを本当に心配してくださった方が紹介してくれた会社。その人のために結果を出して恩返ししようと思った。でもあなたはエージェント経由だからそういうしがらみは無い。入社したはいいが、短期間で辞めてしまえば再就職は本当に困難になる。週末に、最後にもう一度、本当にこの会社でいいのかを考えて伝えて欲しい。これは会社としてでなく、あくまで自身の経験としてあなたに伝えることだ。」との言葉をいただく・・・

温かいお言葉ではありますが、この場に及んでこのような言葉をいただくことに戸惑いを感じました。

いろいろ考えたところで・・
もう、キリがない。

考えたところで"TOMORROW NEVER KNOWS”なのである。

自分の親しい同級生・・

4人とも離婚。
一人は鬱になってしまい、生活保護を受けての生活。
一人は契約社員のまま年収200万生活。

大変だけど、みんな必死に生きている。

自分も、一つでもコマを前に進めて人生の流れを変えたい・・・

揺れる思い。無いと言えば嘘になる。

けど、こうして燻ってるのも限界。

迷いは捨てて団捨離。

"HERE COMES THE SUN"
前を向いて歩こうと思う。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
目の前のことを真剣に取り組むことで明日が開けると信じて
=夢をもとう、前を向こう= 駄目だと思った時点で終わりだ
Copyright © マンタスクランブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。