HERE COMES THE SUN 出直し人生~転職日記~

人生をさまよいだした40男が、次の人生を模索中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「転職市場活性化の時期」

『一日一膳』
今日は、自身の転職(再就職)活動で得た経験等をお伝えすることで、この日記を見て下さる方に少しでもお役に立てればと思います。

転職市場活性化の時期はいつなのか?

転職する時期は一般的に4月・10月が多い。

その理由は
・新卒(第二新卒)採用時期に合わせる
・企業の定期人事(異動)の時期
・企業の半期決算後の経験者採用(翌期の計画を前期に行う)

翌期の採用計画はいつから始まるのか?

転職で4月入社の場合だと、まさに『今が旬』となります。
年内に募集を開始、年明けから書類選考→面接→採用というステップに。

・採用人数の大枠は決めつつも、ボーナスをもらってから辞める人
・期末で切りのいい3月に辞めようとする人

このような方が現れてから募集人数を補充させる採用担当者もいるはずです。
賞与支給日が12/10前後が多いと考えると、まさに今からが旬になると思います。
『年明けから来春の就職を目指そう』と考えている方、そのタイミングでは遅いのです。

これは20~30代前半の方に当てはまることが多い内容です。

30代後半の転職となると
マネージャーの退職・新規事業(部署)立ち上げ等で欠員補充する。という求人が多くなる為、マネジメント経験を持った人を求める企業が多くなります。
むしろ、これがないと転職は厳しくなりますし、定期採用時期に合わせた求人ではないので、『会社を辞めてからの転職活動』は極力避けるべきです。
私は、マネジメント経験があったものの、『会社を辞めてからの転職活動』で非常に苦労しました。

今、転職を考えていらっしゃる方は慎重に検討していただければと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ</a><br /><a href=にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

転職・キャリア ブログランキングへ
スポンサーサイト
Copyright © マンタスクランブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。